年間の相続税

相続税は年間いくら払うことになるのでしょうか?
これは実際に自分が課税された相続税額を払う形になります。
この税金は一括納付が基本となるため、この税金を計算した結果、課税額が発生した場合は、それが年間で支払う総額となります。
これは具体的にどれくらいの金額になるかというと、その他の税金に比べて金額が高くなることは多いです。

その理由は、相続資産は高額になりやすいこと
そして相続税の税率は比較的高いことです。
税金の金額は元になる課税金額が高くなるほど高くなるのが基本ですが、相続では1億円を超える相続も起こりえます。
その時点で、年間で発生する相続税額も高くなりがちなのですが、さらにこの税金は対象金額が高くなるほど税率も高くなる点も基本として知っておきましょう。
課税金額の区分で最少となる1000万円以下なら税率も10%以下ですが、これが1億円以下という区分になると税率も30%となります。

たとえば課税される遺産の金額がちょうど1億円だった場合、これの30%に課税されるのですから、単純計算で3000万円が課税額となりますね。
実際にはこの課税額からさらに控除する金額が決まっていますから、もう少し安くなります。
課税金額1億円の場合、控除額は700万円ですから、3000万円‐700万円となり、2300万円が年間で支払う相続税額となります。

このように相続税は比較的高額になりやすいため、年間で支払う税額も高くなりがちです。
しかもそれを一括で支払うのが基本ですから、その金額を翌年以降に持ち越すというのは、基本的には難しい対応となります。
相続税額は相続した資産の金額を超えることはありませんから、受け継いだその資産を使う前に、まずは納税を終えるのが基本となるでしょう。

ただ、不動産を相続した場合、それをすぐに現金に換えられるとは限りませんよね。
このようなケースでは延納、つまりは相続税の分割払いが許可されることがあります。
このときは年間で支払う相続税額を少し抑えられますから、不動産の相続により現金での一括納付が難しいときは、延納の申請を考えてみるといいでしょう。