相続税のぎもん 不動産は?

会社設立

・相続税の対象になる財産ってどんなものがある?
遺産相続をするときには相続税がかかるかどうかを計算しなければなりませんが、相続税が発生するかどうかは相続財産がどれくらいになるのか、控除額がどれくらいになるのかによって決まります。
そこでまず知っておきたいのがどんなものが相続財産としてカウントされるのか?という部分で、これには明確な基準があります。
相続財産にはプラスの財産とマイナスの財産があって、プラスの財産からマイナスの財産を引いた金額が相続の対象になります。
プラスの財産とは宅地、農地、建物、店舗、居宅、借地権、借家権といった不動産関連の財産や現金、預貯金、株券、貸付金、売掛金、小切手などさらに自動車、家財、船舶、骨董品、宝石、貴金属、美術品といった動産、ほかにも電話加入権、ゴルフ会員権、著作権、慰謝料請求権、損害賠償請求権といったものがあります。
そしてマイナスの財産には借金、買掛金、住宅ローン、小切手、未払いの所得税と住民税、その他未払いの税金、未払い分の家賃・地代、未払い分の医療費といったものがあげられますので、これらはプラスの財産から引けるものとして考えてください。
一部の生命保険の保険金や権利、香典や仏具、墓石といったものは相続財産の対象にはなりません。
そのうち相続税の対象になるのはプラスの財産からマイナスの財産を引き、そこから基礎控除額あるいは配偶者控除額を引いた金額になります。
基礎控除額は3,000万円 + (600万円 × 法定相続人の数)の計算式で、配偶者控除額は基礎控除額の範囲内か1億6,000万円までとなっています。

・不動産は特にややこしい
そして相続財産の中でも特にややこしいと言われているのが不動産関係で、不動産の場合はその種類によって対応の仕方が異なってくるため、正確な金額を出すためには専門的な知識を持った人の助けが必要になるでしょう。
たとえば駐車場を相続するにしても、青空駐車場とそうでない駐車場では特例が適用される場合はされない場合がありますし、貸家建付地と一般的な宅地では評価方法も異なります。
この部分をしっかり把握しておかないと、相続税の申告をしても間違っていて再度やり直しになる可能性があります。
相続税の納税期限は被相続人が亡くなってから10カ月以内ですから、それを過ぎてしまうと延滞金が発生してしまいますので、それを避けるためにも正しく計算できる準備をしておきましょう。

相続税でやっておきたい対策

相続

相続税が必要となってくる状況というのは、突然やってくることが多いです。
普段何気なく生活している中で、被相続人が亡くなってしまった場合、すぐに死亡届を提出し、葬儀なども行っていくことが必要となります。
その他、やはり重要となってくるのが相続に関する手続きや申請です。
この手の手続きや申請に関しては期限も決められており、その期限内に済ませなくてはならないことも多々あります。
そのため、被相続人が亡くなった際には、法定相続人を調査し、それに該当する方たちの間で協議を進めていくことが必要となるのです。
相続する遺産がないという場合は良いですが、意外にも遺されていることはあります。
現金などはもちろんですが、住宅や土地などの不動産も多々あります。
それらが残っている場合は、残された家族で話し合いを進めていくことが必要です。

ただ、相続税に関しては極力払いたくないと思っている方が沢山いるでしょう。
そういう方は、節税に関してもしっかり考えておくと良いです。
相続税対策としてやっておきたいことで、最優先となるのが節税だと言えます。
節税をすれば税負担を少なくできるので、突然の相続税の発生に関しても対処できます。
相続税は受け取っている分を上回ることがないので、そこはあまり悲観的になる必要はありません。
しかし、楽観的に考えていると、逆にミスが多くなりますし、損をすることもあります。
まずは相続税が発生した場合、どこか削れるところがないかどうかを考えてください。
例えば、一般の方でもすべて適用される基礎控除はもちろん、特別控除も考慮していくと、より効果的な節税効果を生むかもしれません。
控除に関しては条件さえ整っていれば誰でも受けることができるので、ぜひ上手に活用してみてください。

なお、税金に関しては知らないという方が大半なので、専門家も活用してください。
専門家というのは、いわゆる税理士などの専門知識を持った方です。
税理士は特に相続税などにも強い方がいるので、そういう方を見つけて相談してみてください。
相続税に関してまったく対策しないのとしっかり対策するのでは、天と地ほどの差が出てくることもあるでしょう。
そこもしっかり考えられるかどうかによって、やはり変わってくることも多いです。
特に税負担に関しては避けたいという方もおおいので、そこも考えて対処していくようにしましょう。
そうすれば、より相続税で悩まされることも少なくなっていきます。

相続税の確定申告について

相続税01

ここでは、相続税の確定申告について解説したいと思います。
平成27年以降の相続税については相続税改正に伴って課税対象となる人も増えてきています。
課税対象になれば、相続税の申告が必要になりますので、ここで詳しく説明していきます。

まず最初に言っておかなければならないことは、相続税は確定申告で申告するわけではありません。
こちらは確定申告とは別に、相続税の申告を税務署に行うことになります。
これを念頭において、ここからの説明を参考にしてもらうと良いでしょう。

自分が相続税の対象者かどうかについて、知っておかなければならないのですが、それについては被相続人と法定相続人の関係性について、調べておく必要があります。
被相続人というのは、法定相続人に財産を譲る人物のことを言います。
財産を譲られた法定相続人は、課税対象となった場合、相続税の申告を行わなければなりません。

では法定相続人というのは、どういう存在なのかと言うと、まず一番は被相続人の子供や孫。
それに続いて被相続人の親、その次に被相続人の兄弟姉妹などが対象になり、被相続人の配偶者は、どれにおいても法定相続人に選ばれる決まりとなっています。
また、遺贈という方法をとって、直系親族以外にも遺産を譲ることが可能です。

法定相続人に選ばれた人は、相続放棄をしない限り、被相続人の財産を法定相続人の数に応じて譲り受けることになります。
この時注意したいのは、負の遺産も一緒に相続することになりますので、相続する前に被相続人の遺産について十分に調べておいた方がいいでしょう。

では相続税の申告の対象になるのは、3000万円×600万円×法定相続人の数で計算された基礎控除額を上回った金額を相続した場合です。
上回った金額に対して対象の税率が適用になりますので、相続税の税率を調べておくと良いでしょう。

あと注意したいのは、相続した財産に収入が発生するようなものだと、その収入に対して所得税の確定申告が必要になりますので気をつけてください。
また、相続した不動産を売却して得た利益分は、確定申告の対象になります。
ただ、この場合は相続財産を譲渡した場合の取得費の特例、というものに該当しますので大幅な減税が行われます。

このように、相続税は非常に複雑な内容となっていますので、税務署の相談窓口に相談をするか、国税庁でも相談を受け付けていますので、そちらに連絡をしてみてください。
実際の相続税申告の手続きは、専門家に相談をして処理を行なってもらうと間違いがなく安全です。

相続税はいつ申告・納税が必要?

相続税

相続税に関しては、いつまでに申告と納税が必要なのかどうか、知らない方も実は多いです。
そもそも相続は人生で経験する回数も少ないため、興味自体がないという方もいます。

相続に関しては「そんなに財産も資産もない」という方が増えていて、近年は特にその傾向が強くなっています。
そのため、あまりこの手の話には興味を持っていない方もいるでしょう。
また、日本も鬼ではなく、相続税に関しては3,000万円と相続人1人当たり600万円までは課税対象となりません。
つまり3,600万円までは最低でも課税されないものとなっているのです。
これを知っておくだけでも、心が少し軽くなるのではないでしょうか。

この手の情報に関しては少しでも頭に入れておく方が良いです。
もちろん、一般の方で相続とは無縁の方であれば、知らなくても良いでしょう。

ただ、意外にも3,600万円というのは超えてくることも多いです。
例えば、現金の遺産が2,000万円や3,000万円あったとしても、その他に住宅や土地など不動産の遺産も換算して税金を課すことになります。
つまり、現金だけではなく、他の遺産があれば課税対象となることもあるということです。
また、相続人の中で相続放棄する人が増えれば、自身が相続する分が多くなり、結果的に相続税の負担も大きくなります。
結果、相続税を支払うことが必要となってくることもあるのです。
それらの細かな情報に関しても、知っておくと失敗しません。

また、知っておきたいのは相続税の申告と納税の義務がいつまでなのかという点です。
これに関しては、相続がわかってから10か月以内と決まっています。
申告も納税も10か月以内となっているので、それを過ぎると大変なことになります。
また、相続放棄する場合は3か月以内となっているのです。
意外にも時間がないので、ドタバタしてしまうことも多くなります。
それらの点も合わせて考えておくことが必要となるでしょう。
もちろん、わからない場合は申告や納税もできないので、相談することが必要となります。
税金に関しては、税理士に相談すると良いです。
そうすることで、より上手に対処できるのではないでしょうか。
少なくとも情報がないと何もできないので、自分がどのような状況に置かれているのかをしっかり把握しましょう。
そうすることが、解決への道となってきます。

まずは税理士など、専門知識を持っている方に相談してみてください。
それが解決への道となっていくはずです。

不動産関係の相続税

不動産を含む相続が起き、その相続税の申告が必要な可能性が出たら、まずどうしたらいいのでしょうか?
故人以外は不動産の扱いに慣れていないときなど、どうしたらいいのかわからず、困ることも多いですよね。
このときの相続税の対応についてですが、一番大事なのは、その不動産も含めて、相続財産がいくらなのかをできる限り正確に計算すること。
これができれば、特に困ることはありません。

続きを読む

建物にかかる相続税

一軒家やマンションなど、建物を相続するときもありますよね。
このときの相続税はどうなるのか、やはり高い税金がかかるイメージがあると思います。
しかしこれらも、それがあるだけで高い税金を取られるわけではありません。
その建物が極端に安かったり、建物以外の相続資産がほとんどなく、基礎控除の範囲内に収まったりすれば、相続税はかかりません。

続きを読む

土地にかかる相続税

土地といえば、高額な資産というイメージを持たれがちです。
これを相続したときなど、高い相続税がかかるイメージもあるでしょう。
実際に土地を相続したとき、どれくらいの相続税がかかるのでしょうか?

続きを読む

子供の相続税

子供も相続のときに法定相続人となりやすい立場です。
もし故人に子供がおり、その人が相続放棄などもしなければ、最優先で相続人となれます。
このとき相続税はいくらかかるのでしょうか?
これが配偶者の場合、相続税を大幅に軽減する措置などもあるのですが、子供の場合はこれが特にありません。
相続税は基本的な仕組み通りにかかりますから、基本をよく確認しておくといいでしょう。

続きを読む

配偶者の相続税

相続が起きたとき、必ず法定相続人となれるのは配偶者です。
ただ、パートナーを失った状態で多額の相続税を払えるか、不安に思う方も多いでしょう。
配偶者の相続税はどれくらいかかるのでしょうか?
これはあまり心配いりません。
配偶者の相続税には軽減措置があるからです。
基本としてこれを知っておくといいでしょう。

続きを読む

年間の相続税

相続税は年間いくら払うことになるのでしょうか?
これは実際に自分が課税された相続税額を払う形になります。
この税金は一括納付が基本となるため、この税金を計算した結果、課税額が発生した場合は、それが年間で支払う総額となります。
これは具体的にどれくらいの金額になるかというと、その他の税金に比べて金額が高くなることは多いです。

続きを読む