相続税はいつ申告・納税が必要?

相続税

相続税に関しては、いつまでに申告と納税が必要なのかどうか、知らない方も実は多いです。
そもそも相続は人生で経験する回数も少ないため、興味自体がないという方もいます。

相続に関しては「そんなに財産も資産もない」という方が増えていて、近年は特にその傾向が強くなっています。
そのため、あまりこの手の話には興味を持っていない方もいるでしょう。
また、日本も鬼ではなく、相続税に関しては3,000万円と相続人1人当たり600万円までは課税対象となりません。
つまり3,600万円までは最低でも課税されないものとなっているのです。
これを知っておくだけでも、心が少し軽くなるのではないでしょうか。

この手の情報に関しては少しでも頭に入れておく方が良いです。
もちろん、一般の方で相続とは無縁の方であれば、知らなくても良いでしょう。

ただ、意外にも3,600万円というのは超えてくることも多いです。
例えば、現金の遺産が2,000万円や3,000万円あったとしても、その他に住宅や土地など不動産の遺産も換算して税金を課すことになります。
つまり、現金だけではなく、他の遺産があれば課税対象となることもあるということです。
また、相続人の中で相続放棄する人が増えれば、自身が相続する分が多くなり、結果的に相続税の負担も大きくなります。
結果、相続税を支払うことが必要となってくることもあるのです。
それらの細かな情報に関しても、知っておくと失敗しません。

また、知っておきたいのは相続税の申告と納税の義務がいつまでなのかという点です。
これに関しては、相続がわかってから10か月以内と決まっています。
申告も納税も10か月以内となっているので、それを過ぎると大変なことになります。
また、相続放棄する場合は3か月以内となっているのです。
意外にも時間がないので、ドタバタしてしまうことも多くなります。
それらの点も合わせて考えておくことが必要となるでしょう。
もちろん、わからない場合は申告や納税もできないので、相談することが必要となります。
税金に関しては、税理士に相談すると良いです。
そうすることで、より上手に対処できるのではないでしょうか。
少なくとも情報がないと何もできないので、自分がどのような状況に置かれているのかをしっかり把握しましょう。
そうすることが、解決への道となってきます。

まずは税理士など、専門知識を持っている方に相談してみてください。
それが解決への道となっていくはずです。