不動産関係の相続税

不動産を含む相続が起き、その相続税の申告が必要な可能性が出たら、まずどうしたらいいのでしょうか?
故人以外は不動産の扱いに慣れていないときなど、どうしたらいいのかわからず、困ることも多いですよね。
このときの相続税の対応についてですが、一番大事なのは、その不動産も含めて、相続財産がいくらなのかをできる限り正確に計算すること。
これができれば、特に困ることはありません。

なぜなら、不動産関係の相続税も、それ以外のケースと大きくは違わないからです。
基本的な流れはまず相続財産の総額を計算し、そこから基礎控除を引いて、相続税の総額を計算していきます。
不動産関係の相続税でわかりにくいのは、最初の相続財産の総額の計算です。
現金が5000万円あれば、その価値は5000万円とすぐにわかりますが、これが不動産だといくらだと判断するのかはわかりにくいですよね。
しかし不動産でも、それがいくらの価値があるのか、値段はつけられます。
これらを相続したときは、まずこれの値段を調べ、その値段で相続税の計算をすればOKです。

そしてこの不動産の値段を調べる方法ですが、自分でやるのはあまりおすすめではありません。
このときにどういう値段をつけるかは指定があり、それに沿って、値段をつける必要があります。
ここが一般人だと難しいことが多いため、不動産を含む相続税の計算をするときは、プロの税理士に頼むのが一番です。

このときに頼みたいのは、相続に強い税理士で、さらに不動産にも詳しい方です。
普段から不動産関係の相続を専門にしている税理士なら、適切な値段をつけてくれます。
そのようにして不動産を現金価格に直すと、あとはその他の相続と大きく変わりません。

他の相続財産と合算し、合計いくらの相続財産があるのかを確定し、その数値を使って相続税の計算をします。
基礎控除の範囲内なら非課税ですが、それを超えた場合は相続税を支払う必要があります。
このように不動産関係の相続税は、その不動産を現金価格に直せれば、対応は簡単です。
これのため、専門の税理士を探してみてください。