土地にかかる相続税

土地といえば、高額な資産というイメージを持たれがちです。
これを相続したときなど、高い相続税がかかるイメージもあるでしょう。
実際に土地を相続したとき、どれくらいの相続税がかかるのでしょうか?

実は、土地を相続したからと、高額な相続税が自動的にかかるわけではありません。
ほかの財産は非課税でも、土地を相続したときだけにかかる特別な相続税も、特にないのです。
土地があるから必ず相続税がかかる、税金が重くなるといったことはありませんから、落ち着いて対応してください。

土地を相続しても相続税がかからないケースもあります。
たとえば、その土地が非常に安い場合。
何の開発も利用もされておらず、周囲に目立った施設もなく、市街地にも遠い場合、その土地にはあまりいい値段がつかないことも多いです。
このような土地を相続した場合、相続資産に土地は含まれているものの、相続税は非課税となることが多いです。
この税金はその計算方法により、その相続資産の総額が安かった場合、そもそも税金がかからないからですね。
このようにその土地が極端に安かった場合、それを相続しても、相続税はかからないケースもあるのです。

ほかには、その土地にはそれなりの値段がつくものの、ほかの相続資産がほとんどなかったため、基礎控除の範囲に収まった場合も、相続税がかかりません。
たとえばその土地は3000万円の値段がついたとしても、ほかに相続資産が一切なかった場合、相続資産の総額は3000万円です。
そしてこの税金の基礎控除は3000万円と、法定相続人×600万円となっていますから、このケースなら十分に基礎控除の範囲内です。
高額な土地を相続したものの、やはり相続税はかかりません。

このように土地を相続したからと、必ず相続税がかかるわけではありませんし、この税金が重くなるわけでもありません。
大事なのはその土地の値段や、他の相続資産の総額ですから、落ち着いて計算してください。
なお、土地の値段は路線価方式や倍率方式など、その土地の位置に応じて計算方法が変わります。
ここは税理士などに相談して判断するのが基本となります。