相続税はいつ申告・納税が必要?

相続税

相続税に関しては、いつまでに申告と納税が必要なのかどうか、知らない方も実は多いです。
そもそも相続は人生で経験する回数も少ないため、興味自体がないという方もいます。

相続に関しては「そんなに財産も資産もない」という方が増えていて、近年は特にその傾向が強くなっています。
そのため、あまりこの手の話には興味を持っていない方もいるでしょう。
また、日本も鬼ではなく、相続税に関しては3,000万円と相続人1人当たり600万円までは課税対象となりません。
つまり3,600万円までは最低でも課税されないものとなっているのです。
これを知っておくだけでも、心が少し軽くなるのではないでしょうか。

この手の情報に関しては少しでも頭に入れておく方が良いです。
もちろん、一般の方で相続とは無縁の方であれば、知らなくても良いでしょう。

ただ、意外にも3,600万円というのは超えてくることも多いです。
例えば、現金の遺産が2,000万円や3,000万円あったとしても、その他に住宅や土地など不動産の遺産も換算して税金を課すことになります。
つまり、現金だけではなく、他の遺産があれば課税対象となることもあるということです。
また、相続人の中で相続放棄する人が増えれば、自身が相続する分が多くなり、結果的に相続税の負担も大きくなります。
結果、相続税を支払うことが必要となってくることもあるのです。
それらの細かな情報に関しても、知っておくと失敗しません。

また、知っておきたいのは相続税の申告と納税の義務がいつまでなのかという点です。
これに関しては、相続がわかってから10か月以内と決まっています。
申告も納税も10か月以内となっているので、それを過ぎると大変なことになります。
また、相続放棄する場合は3か月以内となっているのです。
意外にも時間がないので、ドタバタしてしまうことも多くなります。
それらの点も合わせて考えておくことが必要となるでしょう。
もちろん、わからない場合は申告や納税もできないので、相談することが必要となります。
税金に関しては、税理士に相談すると良いです。
そうすることで、より上手に対処できるのではないでしょうか。
少なくとも情報がないと何もできないので、自分がどのような状況に置かれているのかをしっかり把握しましょう。
そうすることが、解決への道となってきます。

まずは税理士など、専門知識を持っている方に相談してみてください。
それが解決への道となっていくはずです。

不動産関係の相続税

不動産を含む相続が起き、その相続税の申告が必要な可能性が出たら、まずどうしたらいいのでしょうか?
故人以外は不動産の扱いに慣れていないときなど、どうしたらいいのかわからず、困ることも多いですよね。
このときの相続税の対応についてですが、一番大事なのは、その不動産も含めて、相続財産がいくらなのかをできる限り正確に計算すること。
これができれば、特に困ることはありません。

続きを読む

建物にかかる相続税

一軒家やマンションなど、建物を相続するときもありますよね。
このときの相続税はどうなるのか、やはり高い税金がかかるイメージがあると思います。
しかしこれらも、それがあるだけで高い税金を取られるわけではありません。
その建物が極端に安かったり、建物以外の相続資産がほとんどなく、基礎控除の範囲内に収まったりすれば、相続税はかかりません。

続きを読む

土地にかかる相続税

土地といえば、高額な資産というイメージを持たれがちです。
これを相続したときなど、高い相続税がかかるイメージもあるでしょう。
実際に土地を相続したとき、どれくらいの相続税がかかるのでしょうか?

続きを読む

子供の相続税

子供も相続のときに法定相続人となりやすい立場です。
もし故人に子供がおり、その人が相続放棄などもしなければ、最優先で相続人となれます。
このとき相続税はいくらかかるのでしょうか?
これが配偶者の場合、相続税を大幅に軽減する措置などもあるのですが、子供の場合はこれが特にありません。
相続税は基本的な仕組み通りにかかりますから、基本をよく確認しておくといいでしょう。

続きを読む

配偶者の相続税

相続が起きたとき、必ず法定相続人となれるのは配偶者です。
ただ、パートナーを失った状態で多額の相続税を払えるか、不安に思う方も多いでしょう。
配偶者の相続税はどれくらいかかるのでしょうか?
これはあまり心配いりません。
配偶者の相続税には軽減措置があるからです。
基本としてこれを知っておくといいでしょう。

続きを読む

年間の相続税

相続税は年間いくら払うことになるのでしょうか?
これは実際に自分が課税された相続税額を払う形になります。
この税金は一括納付が基本となるため、この税金を計算した結果、課税額が発生した場合は、それが年間で支払う総額となります。
これは具体的にどれくらいの金額になるかというと、その他の税金に比べて金額が高くなることは多いです。

続きを読む

相続税対策

相続税を抑えるため、なにか対策をするという声もよく聞きますよね。
しかしこれは実際にどのような対策をするといいのでしょうか?
基本的によく行われるのが、生前贈与です。
生前贈与とは、生きているうちに財産を誰かに分けること。

続きを読む

相続税の申告

実際に相続税を納税する機会は他の税金よりずっと少ないですから、どういう申告をすればいいか、よく知らない方も多いでしょう。
税金の申告といえば確定申告が有名ですよね。
このように毎年申告の時期が決まっているものもあるのですが、相続税の場合はそのようなものになりません。

続きを読む

相続税の計算

相続税を実際に計算したことがある方は少ないですよね。
これは税金が重いと思われがちですが、実際にどのような計算をするのでしょうか?
相続税の計算はその他の税金と同じで、まずは課税金額を計算します。
遺産の全額に必ず課税がされるわけではないのです。

続きを読む